一括査定サービスを利用して土地を売る際に知っておきたいこと

自分が所有している土地をいかに高く売却するかは、資産維持のためには重要な課題です。多くの場合は複数の不動産業者から相見積もりを取得し、一番高い評価を提示したところに依頼するというのがお決まりのパターンとなっています。

近年ではそのための一括査定サービスなどもインターネット上で提供される便利な状況となっていますが、その利用にあたってはいくつか知っておくべき点があるため、以下で見ていくことにしましょう。

土地の評価における4つのチェックポイントとは

最初に、一括査定サービスを利用する前に、土地の評価はいかなるポイントに基づいてなされるかを知っておく必要があります。不動産の評価額は、不動産会社によって異なるわけですが、なぜ各社が提示する価格に違いが生じるのか、そのからくりを理解しておかないと、どの評価額が正確であるのかが分からなくなるためです。

この点、査定時に業者が基準にするポイントは、周辺の物件取引事例、公示価格と路線価、立地条件、物件条件の大きく4つに大別されるとされています。

物件の取引価格と公示価格・路線価

それでは次に、土地評価のチェックポイントのうち最初の二つを見ていくことにしましょう。まず、一つ目の周辺の物件の取引価格は、文字通り売ろうとしている土地の近隣にある同様の物件が過去にどれくらいの価格で売買されているかを見るということです。

最近では、インターネットで検索すれば取引事例が簡単に検索できるようになっているため、一般的な取引水準から大きく乖離して売り出しても買い手がつかないということは容易に起こりえます。不動産業者としてもそういった状況は熟知していますので、評価においては、このポイントが最も重視されるといっても過言ではありません。

二つ目の公示価格と路線価は、国によって定められているもので、不動産の標準的な価格を示すものです。このうち、土地に関して定められているのが公示価格ですので、土地の売買においては特にこちらに着目する必要があります。

一般的には、実際の取引価格はこの公示価格に一定金額を上乗せされて行われているケースが多いため、あくまでも参考指標としての位置づけとなることが多いですが、例えば過去数年間に近隣の土地の取引事例がないといった場合には、この公示価格を利用して評価したり、さらに古い取引事例で用いられた取引金額に当時と現在の公示価格の変動費を掛け合わせて現在の評価額を算定するといった使われ方もなされています。

立地条件と物件条件

ここでは、土地評価のチェックポイントの残る二つを見ていくことにします。三つ目の立地条件は、その土地が存在している場所の条件を意味します。特に、住居用の土地の場合には、周辺環境が重要ですので、通りが一つ違うだけでも評価額に大きな差が生じることも珍しくありません。

ひとくちに立地といっても、様々な観点がありますが、なかでも重視される点としては、電車の駅やバス停といった公共交通機関へのアプローチや行政機関や学校などの公共施設との距離、各種金融機関やスーパーなどの生活施設との距離、公園や河川などの自然環境、周辺の治安状況といったことが挙げられます。

最後の四つ目の物件条件は、その土地がどのような状態にあるのかということです。土地売買において、もっとも評価に影響するものとしては、その土地の上に古家などの何らかの建築物が残されているかどうかという点です。

そういったものが残存している場合は、買い手が自身の負担で撤去しなければならなくなるため、その分評価額が下げられることになりかねません。あらかじめ自分で撤去しておいたほうが高く売れるということであれば、一括査定を受ける前にそういったことも検討しておく必要があるといえるでしょう。

簡易査定と訪問査定の違い

土地の一括評価サービスを受ける場合に、簡易査定と訪問査定のいずれかを選ぶことが可能です。このうち、簡易査定とは簡単な土地の条件をインターネット上で入力してそれをもとに各業者から評価額の提示を受けるという方法で、訪問査定とは文字通り業者に実際に物件を見に来てもらって彼らが自らの目で確認した事実関係をもとに評価してもらうという方法です。

一見すると、情報提供だけで評価額が得られる簡易査定の方が便利なようにも見えますが、実際には必ずしもそうではありませんので、それぞれのメリットとデメリットをしっかりと理解しておくことが重要です。簡易査定のメリットとしては、簡単な情報提供を行うだけで済むということと、短時間で査定額を知ることができるということです。

一方、デメリットとしては、十分な情報を提供しないと正確な金額が得られないということです。そのため、ざっくりとした評価額を知りたいという場合には使い勝手がよいのですが、実際に売り出そうとなった場合には簡易査定だけで臨むのはリスクがあるといえます。

一方、訪問査定のメリットとデメリットは、簡易査定の裏返しとなります。つまり、実際に土地を見に来てもらわなければならない分、時間と手間がかかるのがデメリットですが、その分よりリアリティのある査定額を得ることができるというのが大きなメリットといえるでしょう。

一括査定サービスのメリットとデメリット

それでは、最後に一括査定サービスのメリットとデメリットを見ていくことにしましょう。先ほど、簡易査定と訪問査定の違いについて説明しましたが、一括査定サービスは主に複数の不動産業者に対して簡易査定をまとめて依頼することができるサービスとなっています。

そのため、自分の土地の評価額がよく分からないという場合には、このサービスを利用してなるべく多くの査定金額を知ることで、だいたいの相場観をつかむことができるというのが大きなメリットといえるでしょう。

その上で、自分が希望する売却条件に近い金額を提示してきた業者に対して訪問査定を依頼することで、スムーズな土地売却を実現できるということになります。一方、一括査定サービスのデメリットは、多くの業者から営業攻勢をかけられるということに尽きます。

サービスそのものは無料で提供されていることがほとんどですが、業者としてはボランティアで行っているわけではなく、なるべく契約にこぎつけたいわけですので、一度査定を依頼した場合には業者からの電話やメールがくることを理解しておいたほうがよいでしょう。

もっとも、必要なければ断ればよいだけですので、よほど押しに弱いということでなければ、気にするほどのデメリットではないかもしれません。